top of page

どこまでいったらハラスメント??

職場で人間関係をつくるのに、「ハラスメント」が障壁になりますね。

これが怖くて、どうしても距離をつくってしまう。萎縮してしまう。

そういうマネージャーの声が多いです。


「ハラスメント」はすべて被害者目線で認められ、被害者がどういう被害を受けたか、がポイント。

それって人によって、どう受け取るか、こちらには分からないっていう話。

どこまで行っても、そもそも権利主張をするタイプの人や、追い込まれた人が手のひら返しをするパターンがある。

「これ、被害者こっちだよね( ;∀;)」と言っても過言ではないことがあり得る。私も経験あります。


でも、だからと言って、できるだけ関わらないように距離をとったり、触れないようにしたり、、。

それってさらに状況は悪化する。

無視まではしないまでも、距離を取りすぎて、あまり話しかけなかったり。

それって、逆に最大のハラスメントになるのでは?

仕事仲間の友人と先日そんな話をしました。


一体、どこまでいったらハラスメント、と言われるのだろう。

基準や目安をどれほど作成されていっても、相手が「ハラスメント」だと言い張れば、それは「ハラスメント」成立。


やはり、目指すは「自立したプロ集団」。

日本型組織にあるヒエラルキーの中の強者と弱者の上下関係では、当然ながらハラスメントは起きやすい。

「いじめ」はおきやすいわけです。


日本型組織がまだまだ存在する中で「ハラスメント」なんていう海外からの輸入ものが入ってくると、昔ながらのやり方で育てられたマネージャーは「つらっ」ってなりますよね・・。

「ハラスメント」の定義はわかる、理解する。

でも、まず組織風土の改善からでしょ。

ま、迫られないと、人間「変わる」ことをしないから、そういうやり方もありですね。

頑張ろう!

君はじゃない!


北海道 オホーツクの空 能取岬











Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page