top of page

アスリートが言う「楽しみたい」

最近は、日本人アスリートの世界的な活躍が目立っている。

スポーツの世界で、日本が意外と強いので頼もしいし、うれしい。


最近の彼らは、インタビューやコメントで「楽しみたい」と言うことが増えた。

あれだけ苦しい練習やストイックなトレーニングの中にいるのに「楽しみたい」と言う。

戦い、だよ。。

楽しい、ねえ、とつい思ってしまう。

英語で言えば「Fun」だ。。


「ノーペイン。ノーゲイン。」という言葉。

苦しみがなければ、得るものはない、ということ。

我々の世代は、そう信じてきたもの。

歯を食いしばって「頑張ります」と言うのが、常識的だと考えてきた。


野球が大好きな私の父は、現在86歳だが、緊張する試合場面で、ヒットを打った選手が、一塁の選手と笑いながら話していたり、ニコニコしている姿をみて、「歯をみせるな!まじめにやれ」「不謹慎だ」とテレビに向かって言っている。


自分の子供には、「好きなように」「やりたいように」を尊重している。

自分が厳しい世界に生きてきたから。

そうさせたくないから。精神の自由があってほしい。時代の変化があるから。


いえ、今流行りの「レジリエンス」。

柔軟さ、打たれ強さ、戻ってくる力。

これからの時代に必要だと言われている力。

確かに。歯を食いしばって頑張ってきた私たちは、縦に強いけど、横に弱さを感じる。

レジリエンスには弱いのかもな。。


多様性の尊重とは、自立が前提だ。

自分をわかった上で、ちゃんと主張をする。

同調圧力などに負けない。


ま、時代は繰り返されるわけで、また、頑張る価値観の時代が戻ってくるのかもしれない。

進化しているから、形は変わるのだろう。


そんなことをツラツラ考えている秋の夜長。


2023年中秋の名月






Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page