top of page

他人の期待を満たすために生きてる!?私?

「嫌われる勇気」(アドラー著)

このタイトルに魅かれて読んだ人はどれだけいるだろう。


何を怖がっているんだろう。

なんでこんなにも、本来の自分を押し殺してしまうんだろう。

せっかく生を受けてミッションを持ってこの世にきたのに、自ら生きづらくしているんだろう。

こんなんでミッションさえ、成し遂げられるのだろうか。


そうだよね、バカバカしいこと、やめよう。

そう言ったって、簡単じゃない。

人間社会で生きていくためには、誰しも多かれ少なかれ、好かれるための演技をしている。

そうしないと、得を得られないかもしれないから、と言う。

打算ね・・計算ね。戦略ね。


何度もそう考え、行動を見直したいのにまたやっている。

どこまで怖いのか。

自我を通そうと、意見を押し通そうと、相手の嫌がることを言おうとするほど震える。

呆れるほど根深い。

そしてまた「演技をする私」の繰り返し。


のびのびとイキイキと、心身とも健康に世の中を生きるためには、まず、それを自覚すること。

なんだそう。

やめなくてもいいから、自覚するだけで、本来の自分はとても癒されるらしい。

まず、気づこう。


「先入観」や「思い込み」と同じだ。

「あれ?またやってない?私」と自分に問いかけよう。


蓼科高原 2023年11月










Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page