​代表からのメッセージ

株式会社D-Diveコンサルティング

代表取締役

ダイバーシティ推進コンサルタント

和泉 恵美

​Emi Izumi

D-Diveが考えるダイバーシティ推進とは

 

はじめて「ダイバーシティ推進」という仕事と出会ったとき、それまで売上と効率化を求め続けたきた仕事をしてきた自分のような者にとってみれば、多様性より同質性のチームの方が企業の利益ではないのか?と思ったほど、どのように受け止めていいのか、正直戸惑いました。

 

しかし、あらためて経営の視点から見てみると、企業が成長し、巨大化していくにつれ、経営と社員の距離がどんどん広がっていき、一人ひとりの社員が、企業にとって十分活きた仕事をしているかというと、全然十分ではない、と気づいたのです。

 

そして、若い頃の自分自身のことを思い出してみると、会社のビジョンや戦略が理解できて、自分の仕事とつながっていたか、というとまったくそうではない。いつの頃からか、自分の仕事と部門の利益、そして会社の利益を考え、会社における自分の仕事の意味を探すようになり、そこに初めてやりがいが生まれてきたのです。

 

組織の多様性を推進する、ということは、そういう人ばかりの全社チームを作れば良い、というのことなのか、と思ったら、それは企業利益にとって、とても重要なことだと思い至ったのです。

 

「企業と社員がwinwinになること」、それがD-Diveが考えるダイバーシティ推進です。

 

 

 

「一人ひとりの内なる可能性を企業の価値にする」ということ

 

D-Diveは、一人ひとりの社員の自発的な会社への貢献意欲を高める、ということ、これをチームで達成する、ということ、を求め続けていきます。

 

社員の気持ちに火をつける、ということにおいては、私自身のキャリアが分かりやすい例だと思います。キャリア志向もまったくない普通のOLから社会人をスタートさせたのですが、いただいたチャンスを確実に自分の成長につなげ、生涯忘れがたい達成感や充実感を知り、今の自分が出来上がっているのです。そこには、私に良い影響を与えてくださった多くの人たちがいました。

 

これが社員全員になればいい、わけです。理想、と言われるかもしれませんが、理想を追い求めれば、少しなりとも変化がおきているはずです。

 

 

D-Diveが行うこと

 

「会社と社員をつなげる基盤づくり」のお手伝いをさせていただく、ということです。

 

会社の戦略や思いを、社内広報などを通じて、より「視える化」したり、マネージャー、社員向けの意識改革のための研修、ワークショップを行ったり、選抜社員のコーチング、インタビュー、キャリア相談や職場相談窓口から届く本音を吸い上げて、会社とつなげる、等のお手伝いをいたします。

 

社員一人ひとりが認められ、尊重される組織風土の中で、会社が目指す方向に社員のベクトルがあっている状態、それが当たり前になるような組織風土を目指します。

「会社へのロイヤリティ」「ここで働くことが楽しい」という気持ちを今以上に引き上げたいと思います。

 

 

自らが考え、行動することの大切さ

 

会社に制度がない、人事評価制度が悪い、上司が悪い、だから自分の会社は良くならない、と言っていても、仕方ない、と諦める道しか生まれません。

日本社会全体のことを考えてみても、人々は将来に対する不安だけを口にしますが、社会が良くなるために自分自身が何かできることはないか、違う視点でみてみようか、良くなるために何か行動をおこしてみよう、などという発想ではなく、きっと誰かが良くしてくれるだろう、と他依存になっていることが、今の混沌とした社会をつくっている気がしてなりません。

何事も自分で行動をおこし、切り開いていかなければ自分にとって良い道は開けていかないのです。自らが行動をおこしてこそ、自己実現の充実感に到達するのです。

 

自分で道を切り開いていこうとするときに、いばら道やでこぼこ道がありますが、何が自分を守り支え、成長につなげてきたかというと、

 

・感情マネジメント

・コミットメント力

・熱い思い

 

です。

感情マネジメント。いつからか自然と身についていましたが、鈍感である力と物事をポジティブに捉える考え方、これが出来る人は人生の勝者と言っても過言ではないと思うほど、です。

 

私自身のキャリアの中で学んできたことも共有させていただきながら、企業のさらなる躍進と成長に向け、一緒に前進していきたいと思います。