インクルージョン

「この世の中で最も無駄に使われているのが、人の能力である」

という言葉を、ある講演で聞きました。この仕事を始めてから一番心に残っている言葉です。

「多様性」を広めるだけでは社会や組織は強くなりません。

一人ひとりの個性が受け入れられて、尊重されてはじめて活きるのです。

「個性」「個人の価値」

再認識しよう。

価値の積算をしよう。

発信しよう。

というイベントに触れる機会が、ここ最近数回ありました。

面白いですね~

受け入れる、尊重する、と、尊重する方のことばかり考えていましたが、自分自身で自分の価値を再認識、発信しよう、というのです。

ある企業では、会社の中で「個人が生み出した価値」を通貨化し、社員の意思が尊重される、という風土を作り上げているというのです。

誰かにとっての価値を提供すれば収入、リソースを使用すれば支出、なんだそうです。

それが報酬にまで結びついているんですって。驚きです。

もうひとつは、「私の価値は無限大」というテーマのイベント。

4名のキラキラ✨したパネリストのお話。

23歳で視力を失ってしまった起業家36歳の男性。今視力を治してあげる、と言われたら抵抗する、という。それほど、すでに障害を乗り越え、自分のものとし、今の生活を楽しんでいる、ということ。

小さいときからアート、写真に関わりたい夢を持っていたが、様々な事情でできなかった女性。やりたい、という気持を捨てきれず、周りの「この年齢から?」「無理よ」「やめておきなさい」という言葉を振り切ってニューヨークに単身で飛び込み、夢をかなえる。

元なでしこジャパンのゴールキーパー。小さいときからずっとサッカーのゴールキーパーとして成功することだけを目指して生きてきたのに、引退したら目標を見失い、途方にくれていた。今は新たに子供たちにサッカーを教えるという目標を見つけて、第二の人生を歩んでいる女性。

親が厳しく、親の価値観に従うように生きてきた男性が、大人になってから、あることをきっかけに変化、開眼するお話。

いやー。人ってそれぞれ、自分の人生を自分の力で切り開いているなぁ、たくましい✨と感動いたしました。

一方、別の夜に、素敵な仲間たちと食事をしたとき。

「インクルージョン」だからと言って、他人に「あなたの個性、とか、あなたの価値」ってあんまあり言われるのもどう?「放っておいてほしい」という気持あるよね、これも尊重すべきでしょう、という話題になり、一同、同意。

これも、社会や企業側の思いなのよねーと思っておりました。

社会や企業側の思いと、個人の思い、それぞれ、それぞれ、です。

あらためて「多様性の推進」を考える初冬の夜でした・・・・🍂

特集記事
最新記事